カミソリで安全に脱毛する方法

カミソリで安全に脱毛する方法

カミソリは費用が安く手軽にできる脱毛方法ですが、カミソリ負けして肌を傷めやすいです。正しい脱毛方法で行えばカミソリ負けを防ぐことができます。

 

カミソリは新しく清潔なものを使用しましょう。古くて切れが悪いものは、何度も同じところを往復させることになり、肌のダメージを増やします。雑菌が繁殖した不衛生なカミソリはカミソリ負けの原因になります。

 

脱毛部位に蒸しタオルを当てて毛を柔らかくしておきます。柔らかくした方が剃りやすいです。しかし、お風呂場では脱毛しないようにしましょう。お風呂場は菌が繁殖しやすく、傷がついた場合化膿する恐れがあります。

 

脱毛部位はローションやクリームで必ず保護します。保護せずにカミソリを使用すると、角質が大きくはがれてしまい肌のバリア機能が低下します。バリア機能には紫外線や花粉などの外部刺激から肌を守ったり、水分蒸発を防ぐ役割があります。機能が低下すると色素沈着や肌荒れの原因になります。

 

剃るときは同じところを往復せず一気に剃ります。剃り終わったらティッシュなどで拭き取ります。

 

脱毛後は肌が弱くなって乾燥しやすいので、保湿クリームで保護します。紫外線の影響を受けやすくなっているので、長袖を着たり日傘をさして、紫外線対策をしっかりしましょう。