妊娠中や授乳中でも脱毛は可能?

妊娠中や授乳中でも脱毛は可能?

妊娠中や授乳中というのは、赤ちゃんへの影響を考えてお薬を飲んだりすることは控えなくてはなりません。ただ、脱毛というのは特に医薬品を使うわけではないですし、家庭用脱毛器ならばわざわざサロンなどに通うことなく自宅で手軽に出来るので使っても大丈夫だろうと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

フラッシュ方式の家庭用脱毛器を使ったとしても直接的に赤ちゃんに何らかの悪影響が加わるというわけではありませんが、妊娠中や授乳中は脱毛効果やお肌のダメージの事を考えると使用を控えた方が良いのです。

 

妊娠中や授乳中はいつもよりもお肌が敏感な状態になっています。そのため、脱毛時の痛みが強くなってしまうこともありますし、お肌へのストレスも大きくなってしまうのです。きちんとケアをしてもお肌が荒れたり赤みを帯びたりなどトラブルにつながることもありますから控えたほうが安心です。

 

そして、ホルモンバランスが不安定な時期でもありますから、毛の成長サイクルも乱れがちです。多くの方が毛深くなる傾向にありますので、せっかく脱毛しても効果が薄れてしまう事が考えられます。

 

授乳が終わって、心身共に落ち着いた状態になってから脱毛を再開した方が良いでしょう。